• ホーム
  • スタッフ紹介
  • 診療時間・アクセス
  • 院内ツアー
  • 料金表
ホーム > 予防歯科
治療から予防へ
「院長の理念」にもある通り、いまや歯の治療よりも予防のほうが重視されつつある時代です

「院長の理念」にもある通り、いまや歯の治療よりも予防のほうが重視されつつある時代です。徹底した予防を行うことは、何かトラブルが起きても、治療期間も費用も少なくて済み、理想的なお口の健康につながります。

当院の院長はピンク色で引き締まった歯茎の状態を虫歯になりにくい強いエナメル質の状態、これを維持することが予防であると考えています。

当院で予防的措置、PMTC=(プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング)などを行う際に心がけているのは、からだにやさしい方法で行うこと。また、症状だけでなく、患者さまの性格を見極めること。しかも、予防歯科には自宅での正しいブラッシングといったフォローが必要になるので、患者さまがどこまでついてきてくれるかによって、成果が分かれるところです。

プロによる予防的ケア

スケーリング

歯科衛生士が歯石除去を行うクリーニングのこと。歯石があると、治療やほかの予防処置のさまたげになるので、スケーリングが優先します。

PMTC

歯科衛生士が専用器具を使用し、歯の汚れを落とすクリーニングのこと。自宅でのブラッシングを励行していても、磨き残しや歯ブラシでは届かないところにバイオフィルム(汚れ)が残っていて、それが歯周病などの原因になります。

そこで、フロスやいろいろなチップで歯間、歯周ポケットなどを掃除し、最後にフッ素を塗ってむし歯予防も行います。入れ歯、被せ物、ブリッジ、矯正器具のある方、インプラント治療の前後、お口の健康を保ちたい方など、多くの方にあてはまる予防方法です。

3DS

デンタル・ドラッグ・デリバリー・システムは、マウスピース状のトレーをつくり、定期的に医院でPMTCを行ったあと、トレーに薬剤を入れて口の中に装着。自身でもホームケアとは夜寝る前に口腔内清掃後マウスピースに薬剤を入れて装着。これにより除菌が出来るので歯周病や虫歯の症状が改善します。これにより除菌ができるので、歯周病やむし歯の症状が改善します。

正しいブラッシング指導

正しいブラッシング指導

治療には終わりがありますが、予防には終わりはありません。だから、1本でも多く自分の歯を一生残したいと思うなら、予防的処置も一生のおつきあいだと思って、細く長く続けていくことが必要です。

 そのための最善策「正しいブラッシング」は、当院では、患者さまご自身に歯ブラシを手にしてもらって指導します。歯科衛生士が歯ブラシの持ち方、口の中への入れ方、磨き方、歯間ブラシの使い方などを説明。衛生士が磨いて力加減を体感してもらったり、染め出し薬を使って汚れを目で確認してもらうなど、いろいろなアプローチで正しい方法を理解してもらいます。

こうして正しいブラッシング方法を習得し、それを毎日行うことを基本に、それ以外の対策と組み合わせれば、予防効果はさらに高まります。