• ホーム
  • スタッフ紹介
  • 診療時間・アクセス
  • 院内ツアー
  • 料金表
ホーム > 入れ歯・ブリッジ・インプラント
歯を失ったときの選択肢は?
失った歯をどんな入れ歯やブリッジで埋め合わせするかは、院長が患者さまにその歯の状況や対策の選択肢などをご説明したうえで、相談して決定します

失った歯をどんな入れ歯やブリッジで埋め合わせするかは、院長が患者さまにその歯の状況や対策の選択肢などをご説明したうえで、相談して決定します。

その2大ポイントは、患者さまの口腔内の状態と費用の問題です。

例えば、歯を1本だけ失って、そのほかの歯を削りたくない方には入れ歯やインプラントをおすすめしますが、入れ歯はときとして固いものが噛みづらく、噛めば痛いなどのデメリットも。また、掃除のために入れ歯を取り外したりするのがめんどうな方はブリッジかインプラントをおすすめします。両方のメリットを備えているのはインプラントですが、自費手術となるうえに、実施するまでの口腔内の準備も必要です。
そうやって考えていくと自ずと答えは出てくるものですが、やはりケースバイケース。プロとして院長が的確なアドバイスを行っております。

最近おすすめの新素材入れ歯

入れ歯やブリッジ、インプラントはそれぞれ一長一短がありますが、それらの代わりになる新素材が最近注目されています。

入れ歯のベースとなる部分に生体用シリコンをはり付けたもの、「コンフォートデンチャー」です。これも過去には汚れがつきやすいなどのデメリットがありましたが、専用の洗浄液が開発され、より清潔な状態が保てるようになったことから利用価値があがりました。シリコンは粘膜と同じくらいのやわらかさ、弾力を備えているので、装着したときの痛みがほとんどなく、噛めば噛むほど接着した部分と粘膜の間が真空状態になって吸着力もアップ。外れたりする可能性もぐっと減りました。

自費治療ですが、入れ歯で悩んでいる患者さまには使い心地のよさでこれをおすすめしています。

扱っている入れ歯の種類

扱っている入れ歯の種類

入れ歯は、違和感がある、痛い……というのが、たいていの入れ歯ユーザーの感想です。しかし、違和感は我慢できるし、使っているうちに慣れていくもの。
    
ところが、痛みは我慢できるものではないため、結局、入れ歯をはずしてしまうことになり、その行為が別の病(顎関節症など)を招く可能性も否定できません。そこで、入れ歯は極力、痛みのない、違和感の少ない、扱いやすいものをつくるのがベスト。とはいえ、現状では、どのタイプの入れ歯もそれぞれの一長一短があり、それをご理解のうえで、利用していただくようにしています。
 当院ではノンスクラブデンチャーと磁石タイプを主に扱っていますが、十分な説明を受けていただき、患者さまの口腔内の状況、ご要望などにより、最終的に決定します。

レジンプラスチック(保険適用) たまに合わないこともある
コンフォートデンチャーシリコン(自費)(上記「最近おすすめの新素材入れ歯」をご参照ください)
ノンクラスプデンチャー針金のない入れ歯。他の歯をいじらずに使える。
全体的にきれいな歯が揃っている方におすすめ。
磁石アタッチメント磁石を埋め込み、くっつけるタイプ。自分の歯を削る。
もともとかぶせものをしている歯のある場合には、これがおすすめ。

ブリッジの種類

ブリッジの種類

最近、素材がよくなっていると評判なのが、「e.max(イーマックス)」というセラミックスです。金属をまったく使わず、歯のエナメル質のような素材感や、色味の点で自分の歯に近い入れ歯が作れます。からだにやさしいものだと好評で、1本または2本のブリッジとして適しています。

他には、フレームだけ金属で、そこにセラミックスを被せるブリッジがあります。このタイプだと強度が得られるので、長いブリッジや噛む力の強い方に向いています。

さらに、硬質レジンまたはハイブリッドレジンという素材については、審美性ではセラミックスには劣りますが、普通のレジンよりはきめ細かいのが特徴。硬すぎずまわりの歯への当たりもソフトです。こうした各種素材の選択、ブリッジの製造については、口腔内の状態、費用の問題などを十分考慮してご説明し、患者さま納得のうえで、最終決定します。

インプラント

インプラント

失った歯を補てんする画期的な治療法としてインプラントが注目されていますが、これも患者さまの口腔内の状況に応じて、適した治療法かどうかはケースバイケース。院長が状況に応じて判断し、施術を行います。詳しくは、お問い合わせください。
当院では外科室を増設し、完全滅菌室にて外科処置(歯周外科処置・インプラント・外来小手術等)が可能になりました。
*極度に緊張される方や、歯医者が怖い、不安だと思う方、インプラントや歯周外科、難しい抜歯など大掛かりな治療を受ける方には、筋肉内鎮静法という安全な鎮静法で、楽に治療を受けて頂くこともできます。

インプラントでは、従来の既存骨に単純にボディを埋入できれば簡単ですが、患者様の骨の状態や、生理的構造により、種々の手法を併用しないと無理な事も多々あります。

最新のCT(3Dレントゲン画像)により、治療をより安全・確実に

ブリッジの種類

一般のレントゲンで撮影をした場合、神経や血管、骨の厚さまで正確に確認することは出来ません。歯科用CTを用いると3次元の立体画像で撮影が可能になる為、骨の状態、神経、血管、歯根の状態など、正確に診断をすることが出来ます。
手術の際は、診断した結果をもとに治療を行いますので、より精度高く、安全にインプラント治療・親知らずの抜歯・歯根嚢胞手術・歯周外科手術などを受けて頂けます。

歯牙移植

ブリッジの種類

歯牙移植は、親知らずを奥歯が抜けてしまったところに移植する治療方法です。
そのため、移植できる健康な親知らずが生えていることが、最低条件になります。
当医院では、患者様お一人おひとりの状態を詳細にチェックして治療プランをご提案しますので、安心して治療をお受けください。

ホワイトエッセンス営業時間・定休日


大きな地図で見る

〒254-0806
神奈川県平塚市夕陽ケ丘5-11

■最寄駅
JR平塚駅

■診療時間
平日
9:30~11:30 / 14:00~18:00
※土曜日午後は14:00~15:30まで
※木曜・日曜・祝日は休診


■ホワイトエッセンス営業時間
平日
10:00~12:00 / 14:00~20:00
※月、水午後は14:00~19:00まで
土曜・日曜
10:00~12:00 / 14:00~17:00
※木、祝、第2・5日曜日は定休日

お問い合わせ 詳しくはこちら