• ホーム
  • スタッフ紹介
  • 診療時間・アクセス
  • 院内ツアー
  • 料金表
ホーム > 小児歯科
小見山院長流、子ども治療術
子どもの場合も大人と同じで、まずは患者さんと院長の信頼関係を構築さえできれば、子どもさんも、院長も、治療が苦になりません

「昔に比べれば、子どもさんも扱いやすくなってきていると感じる」と院長は申します。ただ、それでも子どもにとって歯医者さんの診療室は、決して楽しいところではありません。なかには泣いたり、騒いだりして、診療室のイスに座らせるのもひと苦労な子も。

しかし、3人の子どもを育てた母であり、子ども連れ患者さまも少なくない歯科医院を長年やってきた院長は、例えば、こんな方法で対処しています。3歳以上で、泣き叫んでいる子の治療の際、まずお母さんという逃げ道を断つために、主旨を説明して診療室から退室してもらいます。そうすると、子どもは一人とり残された孤立感や恐怖から泣き止み、院長の話を聞ける態勢に。そこで歯の治療をすることをちゃんと話すとわかってくれるのです。

そして第一段階として口を開けて見せてくれて、次回からはお母さんに診療室へと送り出されても泣かずにがんばれるし、3回目には一人でも平気で診察室に入って治療を受けられるように、毎回、成長していきます。

要は、子どもの場合も大人と同じで、まずは患者さんと院長の信頼関係を構築さえできれば、子どもさんも、院長も、治療が苦になりません。

歯医者さんOKな子どもは歯もOKに

歯医者さんが怖いとか、嫌いといったトラウマのない子どもさんは、きちんと治療を受けた結果、永久歯を失うことなく、しかも自分でケアのできる少年少女、青年、大人へと育っていくはずです。

そのためにも、普段の生活の中で、いかに子ども本人に納得させて治療に向かわせるか、あるいはむし歯にさせないか、といったことをきちんと伝えることが大事だといえます。

子どもの矯正歯科について

歯並びや噛み合わせが悪くなる習慣として、小さい頃からの指しゃぶりや、口呼吸などが原因としてあげられます。そのような悪習慣によって口腔内の筋肉のバランスが崩れてしまい、歯並びや噛み合わせに影響してきます。
当院では、咬合誘導装置と呼ばれる「マルチファミリー」や、「ムーシールド」という装置を寝ているときに口の中に入れて、舌や唇を正しい位置へ誘導していきます。早い段階で矯正を始めることで、マウスピースだけで正しい歯並びや噛み合わにすることが出来ます。

マルチファミリー
ホワイトニング

就寝中にマウスピースをくわえるように口腔内に入れて、筋肉を緩和させ、正しい噛み合わせへと誘導する「筋機能矯正装置」です。従来のような銀色のワイヤーを入れたり、顎を広げずに噛み合わせの治療が出来る為、矯正装置を嫌がるお子様や、取り外しができるので、歯磨きが苦手なお子様にもおすすめです。また、通常の矯正治療よりも安価で治療をすることが出来ます。
少しでもお子様の歯並びが気になり始めたらお気軽にご相談ください。
※治療後の結果によっては次の段階の治療が必要になるケースもあります。

〜対応症例〜
●深いかみ合わせ●
 上の歯が下の歯を隠すように歯が並んでいる場合、かみ合わせが深い深い可能性があります。
 大人になるにつれ顎関節症になったり、前歯が虫歯や歯周病になりやすいです。
 
●ガタガタの歯並び(叢生)●
 歯磨きをしてても歯の隙間に歯石が残りやすく、虫歯や歯周病になりやすくなります。
 また思春期になるにつれて、歯を見せて笑うことに抵抗を持ちやすくなります。
 
●出っ歯●
 前歯だけが他の歯よりも前に出ており、滑舌が悪くなったり、口呼吸になりやすくなります。
 口呼吸が多くなると、乾燥した空気が直接、喉や気管に入り風邪を引く原因にもなります。
 
●前歯がかみ合っていない(開咬)●
 奥歯はしっかり噛んでいるのに、前歯がかみ合っていない状態です。
 奥歯でばかり噛んでしまい、将来的に奥歯からダメになってしまうこともあります。 

 
◎症例(かみ合わせが深い場合)
image1image2

before                                                         after


ムーシールド
ホワイトニング

お子様が口を閉じたときに、下の歯が上の歯を隠した状態を「受け口」、または「反対咬合」といいます。かみ合わせの悪い状態の一つで、歯が永久歯に生え変わっても自然に治る可能性は低く、そのまま放置してしまうと治療がますます困難になってしまいます。

当院でおこなっている「ムーシールド治療」は、就寝時に装置を口の中に入れて、顎と舌を正しい位置で安定させて成長させてあげます。
寝ているときに、くわえるだけなので、小さなお子様でも簡単につかえます。



 

〜対応症例〜
●受け口(反対咬合)●
 上の歯が下の歯より前にこないといけないのに対し、下の歯が前に来てしまっている状態です。
 かみ合わせのバランスが悪く、歯や顎に負担がかかりやすくなります。
プレオルソ
ホワイトニング

テキストが入ります。

ホワイトエッセンス営業時間・定休日


大きな地図で見る

〒254-0806
神奈川県平塚市夕陽ケ丘5-11

■最寄駅
JR平塚駅

■診療時間
平日
9:30~11:30 / 14:00~18:00
※土曜日午後は14:00~15:30まで
※木曜・日曜・祝日は休診


■ホワイトエッセンス営業時間
平日
10:00~12:00 / 14:00~20:00
※月、水午後は14:00~19:00まで
土曜・日曜
10:00~12:00 / 14:00~17:00
※木、祝、第2・5日曜日は定休日

お問い合わせ 詳しくはこちら